韓国ドラマの食

よくおごってくれる綺麗なお姉さん No.2「韓国サラメシ事情 & 韓国式中華料理」

よくおごってくれる綺麗なお姉さんメイン1

韓国で「食」は、コミュニケーションの場として多く活躍します。ドラマでは職場や家庭、そして恋人との食事シーンで沢山の韓国文化が垣間見られます。

そんな食事シーンを見ながら「これ、何食べてるんだろう」「日本とはちょっと違うなぁ」というところに焦点を当てて韓国の文化に触れていきたいと思います。

2018年春、韓国大ヒットドラマ「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」No.2 食

35歳のジナ(ソン・イェジン)は親には結婚を急かされ、職場でのセクハラや浮気した彼氏との破局など、息が詰まるような毎日を送っていた。そんなある日、大親友の弟(チョン・ヘイン)が海外赴任から帰ってくる。3年ぶりに再会したジナとジュニは一緒にランチをしたり、飲みに行って他愛のない会話を重ねていった。そうして多くの時間を共有するうちに、いつしか2人は恋人関係に。【出典:テレビ東京

今回は、韓国の会社員のサラメシ事情を見てみましょう。ドラマ前半では「ソン・イェジン」は何でも上司に合わせる性格です。

1話には、女子社員から嫌われている上司からのランチの誘いを断らずグッとこらえてついて行くシーンが登場します。

そこにも韓国会社員の食事文化が垣間見えたのでご紹介します。では早速見ていきましょう!

よくおごってくれる綺麗なお姉さん No.1「爆弾酒 ソメク & 二日酔いスープ へジャンクク」2018年春、韓国で大ヒットしたドラマ「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」1話にして彼に振られた「ソン・イェジン」。親友と二人で日本風居酒屋でお酒をのむシーンに、韓国の代表爆弾酒「ソメク」が登場します。親友のギョンソンがビールのグラスの中に注いでいる緑の瓶は、韓国焼酎ですね。この飲み方はソジュ(焼酎|소주)とメッチュ(ビール|맥주)を混ぜたお酒で「ソメク|소맥」と呼びます。...

韓国会社の昼食代は会社持ち?!

ニッコリ
ニッコリ
ランチ代会社持ち!最初聞いた時、え~~と思った。うらやましい

韓国では会社との契約によりますが、社員一人につき10万ウォン(約1万円)くらいの昼食代を提供する会社が多くあります。

韓国の税法上、10万ウォン以下の食事代は課税されないこともあり、「昼食代は会社が払うもの」と認識してる人が多いです。会社のために働いてるから食事くらいは出してもらっても…という感じですかね。

ここは大きく日本とは違いますね。

参考までに、2019年調査によると韓国の平均ランチ代は約6,110ウォン(約600円)程だそうですが、食堂で食べる場合は、7,163ウォン(約700円)ですね。(出典:韓国経済新聞

ソウル中心地なら1万ウォン(約1,000円)は超えるお店が多いので、自腹だとかなりの負担になりますね。

ニッコリ
ニッコリ
ランチ代を会社が負担するようになったのは何故?

韓国では、「식구(シック)|食口」という言葉があります。会社が昼食代を持つのもこの식구(シック)という認識からきています。

オッテ
オッテ
食口(シック)とは、「同じ釜の飯を食う仲」と同じ意味で、親族によく使う言葉ですが、会社などの一つの組織で一緒に働くことも意味します。血で繋がった家族よりさらに広い範囲で仲間という表現ですね

また、韓国は昼食代を支給する会社はありますが、日本のように交通費を支給する会社はほとんどありません。韓国は交通費が安いので(地下鉄の基本料金は₩1,350)、昼食代支給の方がかなりお得ですよね!

会社の事情によって、社内食堂がある会社は無料だったり後から清算する場合もあります。外部で食べる場合は自腹だったり、提携食堂があれば割引など、様々ですが、ランチ代は基本会社持ちの考えが一般的です。

今回のドラマは上司からランチ誘われますが、ランチ代は会社持ちでしょうか?だって…自腹なら無理してついて行きたくないですよね💧

韓国定番サラメシはジャージャー麵?!

韓国では「中華料理」は、昔から人気です。今は色んなメニューのお店が沢山あるので選択肢が多いですが、昔は種類が少なく、会社に中華料理の出前をとる風景が普通でした。

韓国式中華料理は、多くの「華僑」が住んでいた仁川でスタートした言われています。韓国の高度成長期(1970年代)にパルリパルリ(早く早く)文化が生まれ、短時間調理の「ジャージャー麵」がぴったりでした。

以降韓国人を虜にした「ジャージャー麵」や唐辛子がたっぷり入った赤いスープの「ちゃんぽん」が韓国人の人気中華メニューに定着しました。

【写真提供–韓国観光公社】

上の四つのメニューは、上司について行った「ソン・イェジン」含め4人が頼んだ中華のメニューです。左上からジャージャー麵、辛いちゃんぽん、左下はチャーハン、チェプチェご飯です。

上司の要求もあり、4人全部違う料理を頼みましたね。さてなぜバラバラのメニューを頼んだかは次に続きます。

ニッコリ
ニッコリ
上司がみんなの一口もらうためか‼いきなり、ちゃんぽん攻めてきたーっ‼しかも何の前触れもなく!

ニッコリ
ニッコリ
ひぃぃ~!「ソン・イェジン」のチャーハンまで要求!こういう上司ムリィ~!

オッテ
オッテ
韓国ではこういう文化まだあるね。仲がいい友人ならともかく…ここは空気読むとこだろー!しかも「ソン・イェジン」のチャーハンを…

ニッコリ
ニッコリ
そういえば、オッテさんと昔食事した時、いつも私のご飯にも手伸ばしてたよね。美味しいの残してたのに食べられた時にゃイラっとしたわ~

オッテ
オッテ
むっ、昔のことを…!ご、ごめんなさい!!

今回のドラマのシーンはちょっと無理して上司と行きますが、現代の韓国会社のランチタイムの過ごし方はずいぶん変わってきています。

部長から新入社員まで仲良く一緒にチゲを囲んで食事をする風景から혼밥ホンパプ(一人飯)をして残り時間は勉強、ジム、昼寝をするなど自分のために時間を使う人が増えたニュースをよく見ます。

でも皆でわいわい食事する文化は楽しいですし皆の仲が深まるのでとてもいい文化ですよね。個人主義も浸透していますがこれからもずっと残ってほしい文化のひとつですね。

それでは次回はどんな食事文化が登場するかお楽しみに!

四川チャパゲティ
韓国の国民食!チャパゲティ~辛い味の四川チャパゲティの作り方みなさんはチャパゲテを知っていますか?日本でも人気がある韓国料理はいっぱいあるのになぜか未だにチャパゲテには火がついていないんです。でも韓国では超国民食なんですよね!そんなチャパゲティの魅力と今回は農心四川チャパゲティを紹介いたします!...
クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA