韓国麺

韓国NO.1を目指し続けているオットギ「ジンラーメン マイルド・スパイシー」種類|作り方|味

ジンラーメントップ画像

皆さんはジンラーメンを知っていますか?

日本ではあまり知られていない韓国のラーメンですが、実はジンラーメンは辛ラーメンの次に売れている韓国No.2のラーメンなんです。

今回は、今年発売32年目になるジンラーメンのお話です。誕生ストーリーや辛ラーメンとの関わり、マイルド、スパイシー2種類の食べ比べ、作り方などをご紹介します。

ニッコリ
ニッコリ
日本ではあまり有名じゃないけど、韓国では誰もが知っている超有名なラーメンです。

1987年 オットギが韓国ラーメン市場に参戦

オットギ商品オットギは、1971年に設立した韓国の食品会社で、カレーや各種調味料、レトルト食品などを製造する韓国を代表する食品会社です。

オットギ(오뚜기)

オットギは韓国語で「だるま」。子どもに愛される「だるま」のようにずっと一緒にいたいという意味があります。韓国語の発音はオットギより「オットゥギ」の方が近いですよ。

オッテ
オッテ
幼い頃からオットギといえば、ケチャップ、マヨネーズ、カレーだね。

1988年 ジンラーメン誕生

1987年からラーメン事業をスタートさせたオットギは、ソウルオリンピックを控えた1988年3月、진라면ジンラミョン(ジンラーメン)を発売します。

ジンラーメンの名前の由来は、韓国語で濃厚(濃い)という意味の「진하다ジンハダ」のジンからきています。その名の通り「スープが濃厚で濃い」ところを売りにしています。

ニッコリ
ニッコリ
発売当時のCMです。時代を感じさせますねぇ。濃いの、濃いの、濃いのが出たって~!お父さん、濃いと連呼していますが、ここでは「コクがある」という表現です。

「パクリ」と言われてもめげない!ジンラーメン

ジンラーメン初期パッケージ1988年発売当時のパッケージ

ジンラーメンが発売される2年前の1986年、農心から「辛ラーメン」が発表され、ジンラーメンが出た時にはすでに韓国No.1ラーメンとなっていました。

そんな最中、ジンラーメンは発売当時、ネーミングも似ていることから、辛ラーメンのパクリだ」と言われることもありました。

진라면ジンラミョン 신라면 シンラミョン 韓国語はとても似ていますね。

30年以上負け続けても粘り強いジンラーメン

オットギのジンラーメンは農心という大きな壁を超えるのは現在でも容易ではありません。

しかし、ジンラーメンは32年間、韓国人の好みに合わせて具の量を増やしたり、塩分を減らすなど、計6回の味の改善を行いました。

韓国のメジャーリグ選手を起用した効果的な宣伝や、2008年から今年までの12年間値上げを行わず、庶民にやさしい良い企業イメージで、韓国累積販売は55億個(2019年9月基準 出典:edaily)を突破しました。

2005年のCMですが、ジンラーメンが韓国で一番売れるラーメンではないことをあっさり認めた後、「こんなに美味しいのにいつかは1位になるんじゃないですか!」と。

ニッコリ
ニッコリ
俳優のチャ・スンウォンさん、声もセクシーだし今はめっちゃかっこいいから好き!しかしこのラーメンの食べ方せわしすぎるっ!一緒に食べたくないな~笑

実際2009年、ジンラーメンの韓国シェアは5.3%、辛ラーメンは25.6%で圧倒的な差がありました。

しかし、2019年12月には、辛ラーメン15.5%に対し、ジンラーメンが14.6%のシェア(出典:insight)を獲得し、韓国No.2ラーメンとなりました。

オッテ
オッテ
韓国ラーメン市場の戦いは激しいので、いつ順位が変わってもおかしくないですが…

2種類のジンラーメン マイルド(甘口)、スパイシー(辛口)の作り方

ジンラーメンは、辛いラーメンが苦手な人のためのマイルド(甘口)味と、辛さを求める人のためのスパイシー(辛口)味の2種類スタイルを発売当時から現在まで守り続けています。

ジンラーメンは、以下の魅力があると韓国では言われています。

  • 濃厚なスープ
  • のびない麺
  • 卵と相性がよい

それでは、ジンラーメンのマイルドとスパイシーを作っていきます。

パッケージは昔から変わらない黄はマイルド!赤はスパイシーで色で見分ける方法ですね。

ジンラーメン麺右側のスパイシーの方が太麺で卵が多く入っているので黄色が濃いです。

ジンラーメン マイルド(甘口)

ジンラーメンマイルド
オッテ
オッテ
小学生の時、辛ラーメンを食べてみたかったけど、まだ早いと言われて、オモニがジンラーメのマイルドをよく作ってくれました。

では、マイルドから作っていきます。昔は韓国では珍しく醤油ベースの味で、全く辛くありませんでした。しかし今は醤油味ではなく、牛コツスープに少し唐辛子が加味されています。

ジンラーメンマイルド粉末鍋に水550ml(カップ2杯半)を入れ沸騰したら麺、かやく、粉末スープを入れます。

ジンラーメンマイルド麺ほぐす4分茹でたら完成です。スープが少し赤いですね。麺のコシがしっかりしています。

ジンラーメンマイルド出来上がり出来上がりです。黄身が混ざりすぎないように少し浅い器に盛りました。

ジンラーメンマイルド麺持つ
ニッコリ
ニッコリ
麺がやっぱりモチモチ!少しだけピリッとするけど、確かに子どもも食べれそうです。スープが甘くてコクがあって美味しい!

ジンラーメン スパイシー(辛口)

ジンラーメンスパイシー昔は特に特徴がなかったため「平凡な味」と言われることもありました。しかし現在はスープにコクと甘みがあり、辛さも辛ラーメンに近づいています。

こちらも卵の黄身は欠かせませんね。トッピングは特製ニラキムチにしました。

ジンラーメンスパイシー粉末同じく鍋に水550ml(カップ2杯半)を入れ沸騰したら麺、かやく、粉末スープを入れます。

ジンラーメンスパイシー麺ほぐすやはり麺が少し黄色くて太いですね。スープが絡んで美味しそうです。

ジンラーメンスパイシー出来上がり出来上がりました。スープの色が赤くて辛そうですね。

ジンラーメンスパイシー麺持つ
オッテ
オッテ
やはりスープにコクがあります。麺がモチモチしてスープとの相性がいいですね。辛すぎず、素朴なやさしい味で安心する味です。

ジンラーメンスープ色スープの色の差です。スパイシーも辛ラーメンより辛くありません。「辛い中に甘味」を感じるスープです。

ジンラーメンマイルド(甘口)スパイシー(辛口)おすすめはどっち?

辛いラーメンが苦手な方にはマイルドをおすすめしますが、スパイシーはすすれない程辛いスープではありません。辛ラーメンが好きな人には物足りないかもしれませんが、スープのコクは辛ラーメンより強いと思います。

ニッコリ
ニッコリ
どっちの味も「辛さ」より「コク」を感じられるので食べるのに頑張らなくていいラーメンです。

オッテ
オッテ
韓国では家で常備しておくラーメンという感じです。気軽に挑戦してみてください!

クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA